家庭で肉用の鉄フライパンを長持ちさせるお手入れ方法!保温性抜群で市販のお肉もプロの味

肉用の鉄フライパンは、肉をはじめ様々な料理をワンランク上の仕上がりにします。正しくお手入れをして管理すればどんどん使いやすくなり、一生モノになる調理道具です。本記事では家庭でできる鉄フライパンのお手入れ方法を解説しています。

普段のお手入れに加え、焦げやサビ対策ができるお手入れ方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。慣れれば鉄フライパンのお手入れはとても簡単です。

鉄フライパンが焦げ付きやすくなる3つの原因と対策

肉用の鉄フライパンが焦げ付く原因は主に3つです。それぞれに適した対策を行いましょう。

1.予熱と油が足りない

鉄フライパンは十分に温めてから、多めの油で調理するのが正しい使い方です。温度が低いと油が馴染みきらず、食材がくっついて焦げ付きの原因になります。

予熱の目安は煙が出るころ、または手のひらをかざして熱気を感じるころです。油はフライパンの表面全体をコーティングするつもりで多めに使用しましょう。十分な予熱後に油を馴染ませれば、食材を入れた直後の焦げ付きは防げます。

2.洗いすぎている

家庭で使われる鉄フライパンに多いのが、洗いすぎによる焦げ付きです。鉄フライパンは調理中に油を吸収し、少しずつ馴染んで使いやすくなります。使うたびに洗剤や金属製のタワシでゴシゴシと洗うと、油まで落ちてしまいます。

できるだけ洗剤を使わず、亀の子タワシで擦り洗いをしましょう。熱が残っているうちに洗うと汚れが落ちやすいため洗いすぎを防げます。

3.焦げがすでについている

洗いすぎとは反対に、お手入れが足りず汚れが残っていても焦げ付きができます。付着物があると温度が均一にならず、焦げやすくなる部分が出てきます。

フライパンの表面をよく見て、付着物がある場合はしっかりと落としてから調理しましょう。頑固な汚れの場合は、その部分だけ金属製のタワシで擦るか、クレンザーを少量含ませて磨くときれいに落とせます。

お手入れをするほどになじむ鉄フライパンをお求めの際はMONObASEをご利用ください。保温性が高く、家庭でも使いやすい鉄フライパンをご用意しております。そのほかの持ち物にこだわりたい男性向けの商品も取り揃えておりますので、ぜひご利用ください。

家庭でもできる鉄フライパンのお手入れ方法

鉄フライパンをお手入れ

肉用鉄フライパンのお手入れは家庭でも簡単にできます。正しいお手入れ方法で長く使いましょう。

お手入れ方法を3つご紹介します。

1.使用後のお手入れ方法

鉄フライパンは保温性が高いですが、何時間も食材を入れたままにしておくことはおすすめしません。サビが発生しやすくなります。使い終わったらすぐに料理を移し替え、熱があるうちにタワシやスポンジで擦りながらお湯で洗ってください。亀の子タワシやささらがおすすめです。

洗い終わったら水分を拭き取り、さらに鉄フライパンを火にかけて残っている水分を蒸発させます。完全に乾いたら油を内側に満遍なく塗り込んでください。

毎回このお手入れを行えばサビの心配がなく、油も馴染んでどんどん使いやすくなります。見た目も重厚感のある黒光りをするようになり、自分だけの特別な調理器具になっていくでしょう。

2.焦げつかせてしまったときのお手入れ方法

うっかり焦げ付かせたときも、正しく対処すれば鉄フライパンは復活します。まずはフライパンに十分な水を入れて、中火で加熱し焦げを柔らかくしましょう。金属ヘラやタワシを使い、焦げだけを擦って落としてください。

肉用の鉄フライパンは強火でこんがり調理するため焦げがつきやすくなります。使用後は表面をチェックし、焦げがあったらその都度落として蓄積しないようにしましょう。

3.サビが発生したときのお手入れ方法

鉄はサビが付きやすい素材です。そのため、しばらく使っていない鉄フライパンはサビが付くことがあります。サビを見つけたら、金属製のタワシでゴシゴシと擦って落としてください。

サビが落ちた部分は、鈍い銀色になっています。そこを中心に、しっかりと全体的に油を塗りこんでください。そのあとに火にかけて焼き付けを行いましょう。これでサビ付きにくくなり、元の性能を取り戻せます。

MONObASEで取り扱う鉄フライパンは、分厚い鉄板が高い保温性を発揮し、調理してそのまま食卓に運んでアツアツの料理を楽しめます。市販のお肉も高級ステーキのように焼き上げることができますので、こだわりの肉用鉄フライパンをお探しの方はぜひご利用ください。

家庭で使える肉用鉄フライパンは保温性抜群・市販のお肉もプロの味に!お求めはMONObASEへ

鉄フライパンで料理をする

一般的なフライパンは消耗品ですので買い替えが必要ですが、鉄フライパンは丈夫で劣化もなく、適切な使用方法とお手入れをすれば一生使える調理道具です。

使いこまれた鉄フライパンは滑らかな表面をすべるように食材が動き、本格的で美味しい料理を作り上げます。料理にこだわりたい方は、1つは持っておきたい道具です。

MONObASEでは機能性・実用性を兼ね備えた、洗練されたデザインの商品を扱っております。家庭での肉用や卓上での調理にも使いやすい日本製の鉄フライパンもございます。プロ仕様のキッチン用品やアウトドア用品をお探しの際はぜひ一度ご利用ください。

保温性抜群の肉用鉄フライパンをお求めならMONObASEへ

会社名 伊藤産業株式会社
ショップ名 MONObASE SHOP
運営統括責任者 伊藤晴輝
住所 〒830-0048 福岡県久留米市梅満町74−1
TEL 0942-33-8546
FAX 0942-33-8547
メールアドレス info@ito-sk.co.jp
URL https://www.monobase.shop/
営業時間 月〜金(10:00 - 18:00)
定休日 土・日・祝

ページトップ